30日間英会話速習プログラム

30日間英会話速習プログラムは英語劇の要素を取り入れた画期的な内容

 

30日間英会話速習プログラムはモダン・イングリッシュ・アカデミーの代表である並木健太郎が開発した英語学習教材です。

 

モダン・イングリッシュ・アカデミーは英語劇を使用して楽しみながら英語を身に付けて覚えるという体感型英会話スクールとなっています。

 

30日間英会話速習プログラムには、このスクールの学習理論が存分に取り入れられています。

 

その内容は従来の英語の学習法と一線を画する異なる体を使った学習法であり、リスニング力やスピーキング力、そして英会話の表現力を養うとともに、英語を話すことができる体作りを目指していくものです。

 

日本語と英語の違いを理解し、英語に適した頭と体を作り上げることで、英単語がスムーズにぺらぺらと口からでてくるようになります。

 

30日間英会話速習プログラムの特徴的なプログラム

 

30日間英会話速習プログラムの最大の特徴は体作りを重視している点です。

 

例えば、スポーツを例題として挙げるとすると全てのスポーツには最初の基礎として体作りがあり、それに続いて基礎練習、応用練習、実践練習を行うことになります。

 

英語の学習においても効率的に上達しようとするならばこれらの過程を経る必要があります。

 

というのも、日本語と英語では体への力の入れ方が全く異なってくるからです。

 

日本語は喉元発声で顎を固めて発音し、空気の量もあまり使いません。

 

しかし、英語は腹式発声で顎を緩めて発音し、空気の量をたくさん使うといった違いがあります。

 

そのため、30日間英会話速習プログラムではこれらの日本語の発声の特徴を矯正し、スムーズに英語が発音できる体作りを目指していく必要があるのです。

 

30日間英会話速習プログラム上達のポイントはゴールの設定

 

30日間英会話速習プログラムでは英語学習におけるゴールを「英文フレーズが自由に使え、聞いて、理解して話せる状態になること」と設定されています。

 

全てのプログラムは、そのゴールを目標として到達するためのポイントを抑えて作られています。

 

まずは全体の学習の流れを知り、呼吸法を学び、発声法を学び、リズム感を強化するといった流れを通じ、一つずつ課題をクリアしていきます。

 

何年にも渡って勉強しているものの、一向に英語が上達しないという方は世の中に大勢見られます。

 

それは、英語を勉強しているもののゴールが曖昧か、あるいはゴールを設定せずにただスタートだけを切ってしまっているためです。

 

30日間英会話速習プログラムは英語の初心者でも着実なスキルアップが可能な英語学習教材として作成されています。